レンタカーを安く借りられる15のパターン

    知ってるけど、よくわからないレンタカー。疑問を解消して安心満足レンタカーライフ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    首都高速を現金で利用するときの注意(新春から編)

    ●首都高速を現金で利用するときの注意(新春から編)


    こんにちは、高坂さとしです。


    2012(平成24)年1月1日から、首都高速は距離別料金制に変わります。ETC車の場合、利用距離に応じて支払い金額が変わるものの、自動で精算してくれるので問題はありません。


    レンタカーなどで首都高速を現金で利用するときには、ちょっとした注意が必要です。


    東京線・神奈川線・埼玉線といった料金圏が撤廃されます。


    現金利用車は基本的に利用距離に関係なく最高額(普通車900円、大型車1,800円)を、入り口の料金所で支払うことになります。


    これで首都高速が1回乗り放題なので、長い区間を利用する場合はタイヘンお得になります。


    たとえば、埼玉県のさいたま見沼入口から神奈川県の幸浦出口まで利用だと、埼玉線400円、東京線700円、神奈川線600円=1,700円が900円に!(普通車の場合。大型車はその2倍)



    ところが、



    東京線・神奈川線・埼玉線といった料金圏を区切っていた料金所(志村本線・湾岸浮島本線など)は残るので、通過するときは最初の料金所(さいたま見沼)で支払ったときにもらった領収書を見せないと、再度支払うことになります。


    領収書をポイ捨てすると、今度は高くつくかもしれませんよ ( ̄ー ̄)


    詳しくは首都高のホームページで




    月別アーカイブを見ると、だらけたブログ運営が見えて恥ずかしい限りです。が、そんなグダグダが許されることに幸せを感じる、激動の1年が間もなく終わろうとしています。


    自らの無力感を抱きつつも、一歩ずつでも前に進み、来年が明るい年になることを願わずにいられません。


    高坂 さとし











    スポンサーサイト
    スポンサーリンク


    レンタカー ドライブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。