レンタカーを安く借りられる15のパターン

    知ってるけど、よくわからないレンタカー。疑問を解消して安心満足レンタカーライフ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    排気ブレーキ

    ● 排気ブレーキ


     こんにちは、高坂さとしです。


     いわゆる「2トン積み」よりも大きいトラックには、「排気ブレーキ」という装置がついています。


     これはエンジンブレーキの効きを強くする補助ブレーキで、荷物を積んで走る時は必ず使ったほうがよいです。


    ex-brake.jpg


     この排気ブレーキ、エンジンブレーキがかかっていて、排気ブレーキのスイッチがONの時に作動するのですが、スイッチの操作方法がクルマによってマチマチです。


     トヨタダイナ・日野デュトロ(上の写真)は、レバーを前後するタイプ。三菱キャンターは、レバーを上下するタイプ、など。少し前のいすゞエルフは、レバーを手前にするのを繰り返してON/OFFするタイプでした。


     メーターパネルの中のランプも、スイッチをONにすると点灯したり、排気ブレーキが作動している時だけ点灯したりと表示方法もクルマによって違います。


     トラックの運転に慣れている人なら、こまめに操作することでスムーズで低燃費な運転ができます。


     慣れなければ常に排気ブレーキのスイッチをONでもよいのですが、ひとつ注意を。


     これまたクルマによって違うのですが、排気ブレーキを作動させると、ブレーキランプが点くクルマと点かないクルマがあります。


     ひんぱんにブレーキランプが点灯すると、トラブルの原因にも。慣れないのにどうすればよいのか、と言われると困るのですが、そういこともあると覚えといてください(汗)。


    スポンサーサイト
    スポンサーリンク


    レンタカー ドライブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。