レンタカーを安く借りられる15のパターン

    知ってるけど、よくわからないレンタカー。疑問を解消して安心満足レンタカーライフ

    レール&レンタカーと宿泊プラン

    ● レール&レンタカーと宿泊プラン


     おにぎり365のおにぎり大使さんと相互リンクしていただきました。ありがとうございます。わたしもおにぎり大使さんと同じく、おにぎりを持って出勤しています、高坂さとしです。


     今度の夏休みに1泊旅行に行く予定を立てていると書きました(で、実際どうやって借りる? →)。まずはレール&レンタカー+宿泊プランでいくらになるか計算してみます。


     運賃や特急料金を調べるのに、「えきねっと」のJR運賃料金・定期運賃案内を使います。


    えきねっと検索結果


     藤沢~燕三条の運賃は5,780円。上越新幹線の東京~燕三条の普通車指定席の特急料金は4,280円。運賃の5,780円は2割引になりますから4,620円に。特急料金の4,280円は1割引3,850円


     4,620円と3,850円の合計8,470円が大人片道のきっぷの金額です。往復すると16,940円。大人2人だと33,880円です。


     こどもはおとなの半額から割り引きます。運賃は5,780円×0.5×0.8=2,310円。特急料金は4,280円×0.5×0.9=1,930円。2,310円と1,930円を足して4,240円。往復すると8,480円です。


     大人2人とこども1人の電車のきっぷ代は総合計で42,360円になります。


     続いてレンタカー代。暦日制料金プランで、SSクラス(1,000cc以上1,500cc未満)を2暦日借ります。5,250円×2=10,500円。免責補償料は1日1,050円なので2日で2,100円。合計で12,600円になります。


     レール&レンタカーとして払う総額は、42,360円+12,600円=54,960円になります。


     宿泊先を探す前に力尽きました・・・。計算はニガテです。


     この記事を書くことになった元記事 :  で、実際どうやって借りる?
    名前をつけてシリーズ化を考えています。ひとつのカテゴリにしたいですね。


    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    スポンサーリンク


    レンタカー ドライブ